WLBプロジェクト

ワークライフバランス(WLB)の一環として職場風土の改革、仕事と子育て両立支援の取組に計画的に取組んでいます。
男女を問わず育児休業制度等を取得し従業員が両立して働き続けられ、その能力を発揮できるように取組みをしています。
WLBプロジェクトを立ち上げ、各自が考えるワークライフバランスについて討議し理解を深めています。そしてプロジェクトでまとめた内容を社内展開しています。
また、毎月定例会議を行い、よりよい職場風土を目指し取組みをしていきます。

一般事業主行動計画 目標

弊社では、「働く上の安心感」と「仕事と家庭の充実」を得るために、下記の「一般事業主行動計画 目標」を策定いたしました。
この目標達成のため、トップ(経営者)によりワークライフバランスに取り組む姿勢を明確に示し、社員のモチベーション戦略として組織全体の意識改革を促し、各種制度改善や対策に取り組みます。
社員が仕事と子育てを両立されることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成27年4月1日~平成29年3月31日までの2年間

2.内容


目標1: 子の看護休暇制度を拡充する(1カ月1回、有給で休暇を認めるなどの弾力的な運用)

<対策>

●平成27年3月~  看護休暇取得状況の把握、社員のニーズ確認
●平成27年4月~ 制度の継続、社内ミーティングによる社員への周知、促進



目標2: 子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度を導入する。(出生日とその翌日)

<対策>

●平成27年3月~  社員のニーズの把握、検討
●平成27年4月~ 制度の継続、社内ミーティングによる社員への周知



目標3: 所定外労働を削減するため、ノー残業デーを実施する。

<対策>

●平成27年2月~  社員の勤務時間調査
●平成27年3月~  所定外労働時間が多い社員のヒアリング、問題点の検討
●平成27年4月~ ノー残業デーの実施継続

管理職の労働管理の徹底及び社内ミーティングによる社員への周知(毎月)



目標4: 年次有給休暇(メモリアル休暇)の取得を実施する。

<対策>

●平成27年2月~ 年次有給休暇の所得状況について実施を把握
●平成27年4月~ 取得できていない社員への取得促進

社内ミーティングでの取得促進の検討開始

●平成27年8月~ 有給休暇取得促進のための取組の開始

メモリアル休暇日を社員に年1回設定してもらい、有給休暇カードに記載し、意識し管理促進する

▲ページ上部へ